MENU

健康保険で痩せ薬が処方できる!食欲抑制剤サノレックスの処方条件

痩せたいと思う気持ちは多くの人が持っています。

でもダイエットでくじけてしまう。

痩せると綺麗に見えるし、カッコよく見えますよね。

私も最近は中年太りが出てきて、お腹が気になるようになりました。

ダイエット食品は色々試すけど、効果が出ない。

運動してもなかなか続かない。

おやつを我慢しようとするけど我慢できない。

ついついお腹いっぱい食べてしまう。

人は欲望には抗えないもの。

食欲は人の三大欲求(食欲・性欲・睡眠欲)の一つです。

実は、健康保険が効く”痩せ薬”があります。

その名を”サノレックス“

今日はサノレックスについて紹介したいと思います。

健康保険で処方されるので適用基準があるので、希望される場合はしっかり理解してから医療機関に向かいましょう。

スポンサーリンク
目次

名前の由来

サノレックスという名前を聞くと「佐野さん」が開発したのかな? と思いませんでしたか?

実はそうではありません。

名前の由来はサンドファーマ社(SANDOZ)が開発したANOREXIANT(食欲抑制剤)が由来でした。

(現ノバルティス ファーマ社)

薬にはもう一つ、一般名というものがついています。

これは同じ薬の成分でも製薬会社の違いにより、商品名が異なる名前の薬が販売されることがあります。

それらが同じ薬であるということ認識するために一般名がつけられています。

サノレックスの一般名は、その名を「マジンドール

マジンドール=魔神人形??・・

マジンドールの由来は定かではありませんが、なんとも不気味な一般名です。

サノレックス(マジンドール)の効能

名前のところでも触れたように、サノレックスは体重減少を目指すための食欲抑制剤です。

厚生労働省の認可を受け、1992年に販売が開始されました。

サノレックスを服用すると少量の食事で満足感が得られるようになります。

満腹感を得ることで摂取カロリーが自然と抑えられて体重の減少が期待できるのです。

厚生労働省の許可を受けた保険適用の薬なので、医療機関を受診して医師に処方してもらう必要があります。

医師の処方で健康保険の適用になるわけですから、一定の適用基準があるので、希望する人すべての人が処方を受けられるわけではありません。

保険適用の基準

健康保険で薬を貰う場合、すべての薬には保険適用のルールが定められています。

患者自身が希望するだけでは処方されません。

サノレックスの適用基準は次の通りです。

“あらかじめ適用した食事療法及び運動療法の効果が不十分な高度肥満症(肥満度が+70%以上又はBMIが35以上)における食事療法及び運動療法の補助”となっています。

処方する前に”食事療法と運動用法の効果が不十分”であることが前提になってきます。

そして、その上で高度肥満症になっていることが適用条件です。

高度肥満症=病気であるということです。

いわゆる普通の体型の人がこの薬を処方されることが認められません。

保険適用となる体型

では「高度肥満症」の体型を計算してみましょう。

①肥満度が+70%以上

肥満度を計算するためにはまず標準体重を計算しなければなりません。

標準体重の計算式は 標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22で計算されます。

身長が160cmの場合

  1.6(m)×1.6(m)×22=56.32kg

次に肥満度の計算です。

肥満度(%)=(実体重−標準体重)/標準体重×100

実体重が100kgの場合

  {100(kg)-56.32(kg)}÷100=43.7%となります。

 保険適用基準が+70%以上なので、身長160cm 体重100kgでは適用外になります。

では適用される体重を計算してみると

 身長160cmの場合は126.32kgとなります。

 

②BMIが35以上

続いてBMIを計算してみましょう。

BMI(Body Mass Index)=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)

 同様に身長160cm 体重100kgの場合

 100(kg)÷1.6(m)×1.6(m)=39.0となります。

 適用基準の35を超えているので、こちらで計算すると保険適用になります。

前述したように健康保険で処方を受けるためには①または②のどちらかを満たせば良いということになります。

その他の注意事項

投与期間の3ヶ月となっており、1ヶ月投与して効果が見られない場合は処方が中止されます。

薬には副作用が存在します。この薬も例外ではありません。

薬に対する依存性、精神障害なども報告されています。

向精神薬にも指定されているので、慎重な投与が必要になります。

添付文書

あわせて読みたい

まとめ

サノレックスはダイエットにはとても魅力的な薬に見えるかもしれません。

実際に健康保険で処方を受けるには適用基準があるので、高度肥満症という病気なってしまった場合に適用されます。

肥満は万病のもとであり、体によいことはありません。

運動や食事制限で体重を落とせれば良いですが、効果がない場合にはサノレックスの服用を検討するのが良いかもしれません。

医療機関を受診される場合には予め、サノレックスを投薬しているかどうかを問い合わせてから受診することをおすすめします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる