MENU

我が家も投資家

昨年末から株式投資を始めました。まだ一年も経っていません。まだまだ初心者です。

そんなに大きな金額を動かしているわけではありませんが、これでも個人投資家の端くれです。

個人投資家になったきっかけは、主にはyoutubeで観ているうちに色々学ぶことになり「貯金してるだけでは駄目だ」と気づきました。

昔は投資なんて縁遠い存在で、バクチみたいなもんだろう・・って思っていましたが、徐々にそんな感覚がなくなり、高配当株やインデックス投資に興味が沸き、無理のない金額、いわゆる余裕資産みたいなもので株式投資を始めています。

目次

投資の基本は長期投資

これまでイメージしていた株式投資は短期売買やデイトレードでしたが、資産家の皆さんはこれらを軸に資産形成をしているわけではく、長期投資を軸に資産形成をしていることを学びました。

長期投資が資産形成の基本なら、もうすでに50歳目前の私にはあまり時間が残されていない気がしました。

諦めるのは簡単ですが、何もしないよりマシだし、やってみたいという気持ちが強かったので、残された時間が少ないけど、”あと10年以上は働ける”と考え、投資を始めました。

今はネット証券で簡単に安く株を買える時代です。見様見真似で口座開設しましたが、この歳になって新しいことを始めるには困惑や失敗がつきものです。

初めて株を買ったときは、いい年をしてドキドキしたことを思い出します。

娘たちも投資家?

私には資産形成を進めていくための多くの時間はありません。でも、10代の娘たちには、まだまだ時間がしっかり残されています。

人生の早い段階で投資を覚えることは人生において、有意義なことだと考えるようになりました。

まずは、今年、大学一年生になった長女の証券口座を作ることにしました。

当然、安価で株を購入できるネット証券が一択です。

ネット証券も数多く存在しますが、楽天経済圏で暮らす(?)私は楽天銀行+楽天証券で口座を開設していたので、長女にも同じ組み合わせ口座を持たせることにしました。

楽天銀行と楽天証券でマネーブリッジの設定を行うだけで楽天銀行の金利が0.02%から0.1%にアップします。設定するだけでもお得です。

マネーブリッジとは

株を売買する際に銀行口座と証券口座の間で自動的にお金の出し入れをしてくれるシステム

都市銀行の金利は0.001%。楽天銀行の銀利は0.02%。マネーブリッジの設定をしなくても十分高い金利ですが、より金利が高くなればいいなという思惑です。

・・・でも残念ながら、未成年はマネーブリッジはできないようになっていました。

未成年が株を買いすぎないように、ブレーキをかけてくれているのだと理解し、二十歳になるまで待つことになりました。

親の思惑とは違い、まだ株を買おうという気にはなっていないようです。一時期、大学のサークルで教えてもらったのか、興味を持っていたのですが残念です。

親は環境を整えることが仕事なので、しばらく様子を見ることにします。

我が家にはもう一人、娘がいます。次女、高校2年生です。

もともと次女も高校を卒業し、進学したら、楽天銀行+楽天証券の口座を作ろうと思っていましたが・・

ある日、次女は「株を買いたい」と言い出しました。

だったら”口座をつくろう”と思い、今は口座を作る手続き中です。

その間に彼女には学習をしてもらい、どんな株を買うかを自分で決めてもらいたいと思っています。

まとめ

私のこどもの頃には投資が身近にありませんでした。今とは違い、株を買うのに証券会社に足を運ばなければならない時代でした。

それに「株=投資」ではなく「株=投機」というイメージでしたし、お金の話は卑しとされる面をもってしまうような教育だったように思います。

お金に関する考え方=マネーリテラシー(お金の知識を持ち、それをうまく活用する能力)を身につけてもらい、親よりも余裕のある人生を送ってもらいたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる